人気ブログランキング |

カテゴリ:お仕事・司書(本)( 118 )

ジョージ。。。

e0109066_2482657.jpg何気にヤフオクを見ていたら 「サルとボール柄」として 新品ネクタイを格安で発見。 「あっΣ(゚□゚;これは 『おさるのジョージ』!ちなみに ボールで遊ぶこのシーンは最初シリーズ6作の中の 『たこをあげるひとまねこざる』で 留守番を頼まれ・・・のところ。

それにしても ジョージのいたずらを毎回 寛容(すぎる!)に見守るテッド(黄色い帽子のおじさん)は 人間が出来ているのか 腹が立たないのか 余裕があるのか。。。もっと ちゃんと叱ったり しつける義務は ないのか?サルだから いいのか?お決まりのハッピーエンドに疑問を抱きつつ このところのストレスも交えて娘に訴えていたら 「黄色い帽子のおじさんは 本当に良い人よね。まるで お父さんみたい。顔も似とるし」。。。って 確かに娘への甘さは ジョージ並みかも(ーー;)をい!

なにはともあれ 長男が職場に慣れたころの余興に使ってもらおう。
学校司書の先生に 受けること 間違いなし。。。勝手に(^_^;)
by nekotyanndaisuki | 2010-06-16 23:48 | お仕事・司書(本)

『小さな恋のものがたり』。。。



昨年末より みつはしちかこさんの 『小さな恋のものがたり』を借りている。
1962年から雑誌 『美しい十代』の4コマ漫画として始まったらしいが お借りしたのは新品の豪華装丁本10巻。この超大作を 娘もハマって 一緒に読んだ。



e0109066_2244255.jpgそういえば 私より6歳年上の従姉も 当時ハマりにハマっていたっけ。。。っつーか 岡崎友紀主演の 「18歳シリーズ」をはじめとする一連作品に激しく浸り 乙女チックに夢見がちなお姉さんだった従姉を ついつい思い出してしまうのであった(^_^;)
いま見ると 岡崎友紀。。。金子隆俊と 似てるし(^_^;)

それにしても1960年の雑誌 『美しい十代』。いま見てもファッションセンスは 不思議と50年の時差を感じさせない。
by nekotyanndaisuki | 2010-01-03 01:04 | お仕事・司書(本)

『ざぼんじいさんのかきのき』。。。

e0109066_5552973.gif図書の時間 子供たちと一緒に 『ざぼんじいさんとかきのき』を司書先生に読み聞かせてもらった。

かつて 「癒されました~」と担任の先生が言ってくださっていたように 読んでくださる先生に 是非とも感想と感謝を伝えたい・・・と思うけれど 時間中はバタバタして いつも後になって気づく我。

ところで 「ざぼんじいさん」の 「ざぼん」って かんきつ類のザボンなのだろうか。
ただ 語呂がいいから 「ざぼんじいさん」なのか。つまらない疑問がよぎる。いかん。

お話の途中 バラバラになった枝を拾ったところで とある子供 得意になって曰く
「あっ!わかったー(^O^) 剣にしてたたかいごっこして あそぶんじゃろ~?!」
「ち・が~うっ!(-_-メ)」
by nekotyanndaisuki | 2009-10-29 23:35 | お仕事・司書(本)

『必要なものがスグに!とり出せる整理術!』。。。

e0109066_1155454.jpg汚部屋住人だった著者・池田暁子さんが 頑張って部屋を片付ける前作 『片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術』(「なか見」オススメ!)に続いて より使いやすく収納するためのノウハウをわかりやすく 紹介してある 『必要なものがスグに!とり出せる整理術!』

本・・・と言っても イラストレーターな著者。親しみやすくわかりやすい図説で 体験に基づく一部始終を赤裸々に描いてあるので とても読みやすい。

どうして散らかるのか。片づけられない原因は 何なのか。頭の中の散らかり具合も 妙に納得できる一冊。バイブルにしたい(^_^;)
by nekotyanndaisuki | 2009-07-30 23:49 | お仕事・司書(本)

『リアルなキャラクターを描くためのデッサン講座』。。。

e0109066_185678.jpg知り合いから 「本を出したのでヨロシク!」とご案内があった。タイトルはズバリ 『リアルなキャラクターを描くためのデッサン講座』。。。な・長い。

英語のお勉強を本気でやっているのね・・・と思っていたら すごい紹介のされ方をされている。。。が 『ヒカルの碁』 『ガンダム』 『犬夜叉』など もろもろ多くを手掛けている その筋の人には有名なアニメーター。

「何冊かを 母校に寄付したりするもんかな?」と聞かれたもの 私自身 卒業以来 その高校には トンとご縁がない(^_^;) う~ん。。。関係者の方 どうでしょう?
*********************************
内容(「BOOK」データベースより)
人物をよりリアルに描くために必要な人体の理解と実写的描画テクニック。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
西澤 晋 1962年7月9日生まれ。岡山県立津山高校、近畿大学電気工学科中退。アニメーターとして活躍
by nekotyanndaisuki | 2009-07-23 23:21 | お仕事・司書(本)

課題図書(高学年)最後の1冊。。。

e0109066_1191067.jpg◆『ぼくの羊をさがして』
このたびの課題図書の中では 一番好きで共感が持てた。
人生とは・・・を考えさせられる哲学的なところや前向きなところ
そして 名言がたくさん出てくるところも。。。

「よき羊飼いの少年ホーム」のネーミングにまつわるユニークな思いは
教会に通ってる小学生にしか ちょっとわからないかもしれないケド(^_^;)

夢の中に出てきたおじいさんは 同じく夢の中にいた父の立ち位置によく似ていたし
「自分の一生は役に立った と最後に思えること」
確かに 人生この一言に尽きるかもしれないな・・・とは この歳で感じること。
いまどきの小学生は これをどう読むのだろう。。。感想文が 楽しみ(^^)

課題図書(低学年)4冊
課題図書(中学年)から3冊もう1冊
課題図書(高学年)から3冊
by nekotyanndaisuki | 2009-07-01 23:17 | お仕事・司書(本)

課題図書(高学年)から3冊。。。

e0109066_1842541.jpg◆『春さんのスケッチブック』
『風をおいかけて、海へ!』と同じく 「コンビニで 昼を買って食べなさい」という部分は やはり良い感じがしないものの 春さんの恋バナについては 切なくて涙が出た。芸術に長けた人は魅力的だ。ちなみに夫は 絵がうまいわけでも 楽器ができるわけでもない。

e0109066_18523032.jpg◆『ヨハネスブルクへの旅』
「特ダネ」中野美奈子アナのシエラレオネ・レポートを見た直後の
アパルトヘイト問題。。。この重いテーマを小学生が・・・
今ある状況の中で こんな私も精一杯頑張ってみなくちゃ!
と思った次第。

e0109066_18524943.jpg◆『マタギに育てられたクマ』
掟を守りながら伝えてきたマタギ文化。なんかカッコいい。そして ぬいぐるみのような子グマがかわいい。ちなみに実家の奥にある山では クマが目撃され要注意なのだけれど 一方 「クマにエサをやりに行こう!」というピクニック感覚な団体も あるらしい。。。とか。
by nekotyanndaisuki | 2009-06-21 23:42 | お仕事・司書(本)

課題図書(中学年)もう1冊。。。

e0109066_22463786.jpg◆『しあわせの子犬たち』
「子犬たちとかい主の両方がしあわせになれるように…子犬の引き取り手を募集する」そうそう うちの子犬たちも 最初は ブログで募集をかけてみたんだっけ。でも犬の方が人を選ぶというか 不思議とその子犬にぴったりな里親さんが次々と現れて それぞれが① それぞれに②決まっていったんだよな。。。シンクロの本(^^)

「そして最後の1匹が残ったとき・・・」というか 実は
うちも残った1匹(娘犬)を母犬と一緒に飼うことになり 今日に至るのだ(^_^;)
『ハナちゃん日記 犬のこと』
by nekotyanndaisuki | 2009-06-20 22:46 | お仕事・司書(本)

課題図書(中学年)から3冊。。。

なかなか借りられないかな?と思っていたが 新着図書のコーナーにずっとあるし
司書先生も 「どうぞ(^^)」と言ってくれるので 放課後3冊借りて翌朝返却(^^ゞ

e0109066_08413.jpg◆『そいつの名前はエメラルド』
う~んファンタジー!(^O^)小学生の時に こういう本を読んだら
それから先 もっと楽しい人生が送れそうな気がする。。。でも
「もしかしたらエメラルドは ヒトカゲ(ポケモン)の進化系かも・・・」
な~んて書いたら やっぱ感想文としてはNGだよな(^_^;)
e0109066_09323.jpg◆『風をおいかけて、海へ!』
私たちの頃も こういう友達関係はあっただろうけれど あえて 「友達未満」という表現を口にしなかった(してはいけない気がしていた)ような。
あと母親の視点から見れば 「毎日1000円置いて仕事に行く」というのがね・・・(ーー;) うちは 「手作り弁当置いて出る派」だったナ。。。
e0109066_092280.jpg◆『オランウータンのジプシー』
まず写真を見て一番 「えーっ!類人猿の赤ちゃんって こんなにかわいいの?(^O^)」。オランウータンも歳をとってくると だんだん人間とオランウータンの境界線に近づいてくる・・・というか 私も こんなおばあさんになりたいと思ってしまった(^_^;)世話係である著者の オランウータンに対する愛が全体からあふれる作品。

まだ予約が殺到してない今なら借りやすいし ついでに感想文も書いちゃえば
夏休みには 少しでも楽ができるのに(^^ゞ・・・って 誰も考えないのかな?
司書先生いはく 「あぁ~。。。小学生だから そこまでは・・・(^_^;)」
by nekotyanndaisuki | 2009-06-19 23:03 | お仕事・司書(本)

低学年課題図書。。。

リクエストしておいた課題図書(低学年)を4冊とも借りることができた。
1年生図書の時間が出勤時間より早かったので お昼休みに図書館へ出向くと
当番だった図書委員のお兄さんが スキャナーでピッ!としてくれたものの
「なんで 4冊なんですか?(通常2冊)」。。。 すかさず 司書先生のフォロー
「あ。先生方は20冊まで借りれるようになっています」に 「えー(ーー)」の声。

生徒のいない時間帯に 来られないので ホント申し訳ない(ーー;)
「明日には 返しますから」と言うと 「えっ?そんなに 早う読めるんΣ(゚□゚;」
な~んて ちょっとかわいい(^_^;)

e0109066_1304139.jpge0109066_131036.jpge0109066_131124.jpge0109066_1312250.jpg

◆「おこだでませんように」・・・最後に思わず涙が出た。
このお話のモデル?という私の知る子たちも 優しくていい子たちなんだよなぁ。

◆「しっぱいにかんぱい!」・・・こんなふうでありたい理想の親戚とともに
小学生たちを巻き込んで みんなで作る 「ハランずし」のレシピが気になる。
 1.まず 庭にハランを植える(ここから 始めなければ(^_^;)
 2.ハランの上にすし飯を置き 刻んだシイタケ・カンピョウ・スクランブルエッグ・
   ほぐしたサケ・紅ショウガを乗せる。
 3.ハランで包んで シュロの葉を裂いた紐で結んで 出来上がり。

◆「てとてとてとて」・・・手話検定案内の張り紙を見たばかり。
真面目に頑張っていればなぁ。点字も 懐かしい。
この本の点字部分が傷められることなく ずっと貸出しができますように。

◆「ちょっとまって、きつねさん!」・・・最後の絵 お父さんとお母さんが手をつないで
その間に 幸せそうにいる子うさぎ。この図が ほのぼの(^^)
by nekotyanndaisuki | 2009-06-11 23:19 | お仕事・司書(本)